ドルコスト平均法

ドルコスト平均法

純金積立において用いられる「ドル・コスト平均法」とは
金を買い付ける時に毎月一定の金額の分だけ買い付けていく投資法です。

 

ドルコスト平均法のメリット

 

金価格のように変動する金融商品に投資する際に
毎月一定金額分の金を購入すると、金価格が高い時には
購入できる金の量が少なく、金価格が安い時には
購入できる金の量が多くなります。
ドル・コスト平均法ですと、価格変動リスクを緩和することができるので
買い付け平均コストを低く抑えることができます。
長期に渡る投資に向いてますので、純金積立などには適しています。

 

ドル・コスト平均法のデメリット

 

ドル・コスト平均法にもデメリットがあります。
ドル・コスト平均法は機械的に金の買い付けを行うため
大きく金価格が下がっていても追加投資ができません。
高値で買うことは避けられても、絶好の「買い場」である
安値でも金の買い付けを行うことができません。