金の売買にかかる消費税

金の売買にかかる消費税

金地金や金貨(コイン)を購入する際には消費税がかかるので
購入者が消費税を支払います。

 

しかし、この金地金を売却する際には消費税が上乗せされますので
金を買取する取り扱い業者が消費税を支払います。

 

したがって、金の売買時にかかる消費税は相殺されます。

 

なお、消費税の課税対象となっている個人事業主(納付免除枠:1000万円)および
法人以外の個人では納税の義務はありませんのであまり気にする必要はないのですが
継続的に金地金や金貨(コイン)の売買を行っている場合には
営利目的として納税義務が発生するケースも有りますので
疑問がある場合には、所轄税務署に問い合わせするか
国税庁ホームページにてご確認下さい。

 

 

消費税が上がったら?

 

現在の消費税は5%ですが将来、消費税が上がると
消費税を5%で購入した金地金や金貨(コイン)は
上がった消費税の分を上乗せされて売却できます。
もし、消費税が10%になれば5%分の差額が発生します。

 

ある程度のまとまった金地金を購入していれば
金価格の上昇分だけでなく消費税の差額も儲かりますね!