純金積立 メリット デメリット

純金積立のメリットとデメリット

 

純金積立は小額資金から始められる金投資ですので
手軽に始めることができるのが魅力ですが、その他にも多くのメリットがあります。
積立てた資金で金(ゴールド)の現物を買い付けるので
裏づけがあり、株式投資のようにゼロになることはありません。

 

また、毎月買い付けしていくので金(ゴールド)価格の高い時には
買い付け量が少なくなり、安い時には多く買い付けることになります。

 

これを

「ドル・コスト平均法」
と言って、金(ゴールド)価格変動リスクを抑えることにつながります。

 

また、購入した金(ゴールド)は、純金として引き出せますし
売却して現金で引き出しすこともできます。
金貨(コイン)や宝石(ジュエリー)などにも交換する事ができます。

 

純金積立のメリット

 

  • 月額3,000円からの積み立てで純金が購入できる
  • 1,000円単位での増額も可能
  • 余裕のある時や金価格の安い時にはスポット購入もできる
  • 「ドル・コスト平均法」で価格変動にも対応している
  • 金の現物、現金、金貨、宝石などと交換もできる

 

他の金投資の方法と比較してリスクの少ない純金積立ですがデメリットもあります。
現金積立とは違って購入手数料やスプレッド、年会費などが
発生するので、短期の投資には向きません。

 

また契約した取り扱い業者が「消費寄託」で購入していた場合には
その業者が倒産した際には、金が戻ってこないリスクがあります。
株式投資や預金のように配当や金利もつきません。

 

 

純金積立のデメリット

 

  • スプレッドがある
  • 手数料や年会費が発生するため短期投資には向かない
  • 「消費寄託」の場合は金が戻ってこないリスクもある
  • 配当や金利がつかない

 

●スプレッド

 

純金積立で購入する金は「小売価格」で購入して「買取価格」で売却します。
買取価格はつねに小売価格よりも1gあたり数十円安いので、買いと売りを同時に行った場合には必ず損をします。
この価格差を「スプレッド」と呼びます。