純金積立 取扱業者

純金積立取扱業者の選び方(保管方法)

純金積立を始める時に契約する純金積立取扱業者を選択するポイントはいくつかありますが
最も重要視すべき点は、コストの水準と買い付けた金の現物の保管方法になります。
純金積立は現在、貴金属店、鉱山会社、商社など多くの業者が取り扱っていますが
コストや保管方法などは各取扱業者によって違っていますので
契約前にはしっかりチェックしておく必要があります。
まずは、コスト面はどうしても外せないポイントになります。
純金積立には年会費や買い付けのためのコストが必要になります。
※この年会費と売買時に発生するコストについては後日、細かい比較を記事にする予定です。
次に、買い付けた現物の金の保管方法の違いについてです。
純金積立においては、毎月の積立金で買い付けた金の現物は
契約者が売却したり引き出すまでは取扱業者が預かって保管します。
この場合の取扱業者の保管方法は「消費寄託」「特定保管」の2種類の保管方法があります。
純金積立取扱業者の選び方(保管方法)

「消費寄託」と「特定保管」の違いは取扱業者が破綻した場合に
積立ている契約者の金が全て保全されて返却されるか返却されないか
100%は返却されないリスクがあるという点です。
それぞれにメリットとデメリットがあります。

消費寄託

契約者の積立金で買い付けた金の所有権が取扱業者に移り
その金をリース市場で自由に運用します。
契約者からの引き出し請求があった場合には返却します。
消費寄託のメリットとしては、運用益が発生した場合には
契約者へ一部を還元するサービスや手数料などを安くするなどコストを安価に設定しています。
デメリットとしては、取扱業者が破綻した場合には、所有権が取扱業者にあるので
積み立てた金が100%返却される保証はありません。

特定保管

特定保管の場合には契約者の金と取扱業者の金がはっきりと
区別されて保管されています。
したがって取扱業者が破綻しても積み立てた金は100%返却されるのが特定保管のメリットです。
デメリットとしては、取扱業者が金を運用する事はできないので運用益は発生しません。
金の保管料(管理費)や手数料などがやや高く設定されています。