金CFD 金投資

金CFDで金投資する

金CFDで金投資する

CFDとは、“Contract for Difference”の略称で
日本語で「差金決済取引」と呼ばれる金融商品です。
取引方法の名称で株式、為替、債権、株価指数
商品(コモディティ)などの取引が可能です。
CFD取引の中で“為替”に特化した商品が“FX”です。
金も商品(コモディティ)として「金CFD」が取引できます。
「金CFD」は金(ゴールド)の現物を購入しませんので
現物の裏づけはありません。
CFDは「差金決済取引」です。
「差金決済取引」は、株式や債券などの売買で生じた取引のみでやり取りする投資法です。
“金CFD”は、CFD取引を取り扱う業者がつくった“金CFD”という
金融商品を取り扱い業者と投資家がやり取りする取引となります。
取引には、現物の買い付けや売却などはありません。